2010年1月 Archives

カルメン変奏曲

|

カルメン変奏曲はホロヴィッツ自身の

名演奏に勝るものはない。

「ホロヴィッツ オン・テレヴィジョン」を

僕が買ったのが確か20歳だと思う。

これも市焼却場で粉砕したクチだがジャケは

これです。(Amazonから拝借)

本家のホロヴィッツと

遊びユジャワンの「双璧」(?)をどうぞ。

Yuja Wang ユジャワン

|

alice sara ott と同じように再びユジャワン。

これも flv ファイルのほうがいい。

wmv の1/5 くらいの容量?はるかに軽い。

JW Player で allowfullscreen を false にする。

フルスクリーンさせないぞ、とくる。

JW Player 偉大だね。

All-Player 4 でスナップショットも替えてみる。

再び、みたび alice sara ott アリス=紗良・オット

ストリーミング配信は制約が多い。

フルスクリーンにしたくない場合でも

利用者の Windows Media Player の設定に左右される。

フルスクリーンを回避する方法はいくつかある。

が、最終的には flv がいいかと思う。

埋め込みflv player は以前 mediaplayer3-1-6 についての

記事を書いたが、後で Vista での不具合があった。

気づいた直後から JW Player の最新バージョンを

使っている。

すごいなあ、 alice sara ott アリス=紗良・オットの

ピアノのバックに、鳴ってないオケが聞こえるようだ。

(メモ:ログを見ると"alice sara ott" の検索で

海外から迷い込んでくる人が多い。

以後は alice sara ott アリス=紗良・オットと

表記することにした。

2008年にこの映像を入手したが、最近youtubeに

アップされてもいる。人気が出てきたんだねえ。)

もうひとつ。

石橋美術館

|

気付くヒトもいるかもしれぬが

ここんところ数回は記事のフォントフェースを

Times New Roman  ←this font face に戻した。

ブラウジングのフォントを「メイリオ」にしてるヒトは

プロポーショナルの関係で

自作のMT4の仕切りに収まらない。

もうそろそろVista,Windows7 が主流になるし・・

・・・・・

久留米でスターキーP675を調整するのにあわせて

「石橋美術館」をたずねた。

去年の秋から

「ランキングで楽しむ石橋美術館」てのをやっている。

4月18日までだ。

たぶん東京だろうね、特別展・特設展かなにかで

「海の幸」や「放牧三馬」をみている。ブリ美かな。

それとも、20代から久留米には縁があって

近くに何度も足を運んでいたので当の「石橋美術館」で

みたのかも知れない。

帰ってから妻に聞くと自分は2,3度行ったが

ソッチは行ってないんじゃない、という。

そうかもしれない。

ジジイの記憶とはそんなもんだ。

・・・・・

うむ、至福の一日だった。

「夭折の画家」というコーナーがあった。

青木繁29歳

佐伯祐三30歳

古賀春江38歳

早いなあ、死が。

別館にはガンダーラの仏頭(2-3世紀)が出ていた。

調査中なので詳細がわからぬが

仏像ブームなので今回初めて出します云々、と。

これがいい顔だった。元来ガンダーラはいい顔だけど。

メメント・モリ

|

長文注意!

この2ヶ月間、僕の表面で起きた出来事を

考えているところだ。

怪我の功名もある。小泉義之=ドゥルーズをやれた。

表面、といえば「表面的」ということばが使われる。

「高貴さ」を対称軸として「内面的」に対しては

普通は軽く・見下げた扱いをうける。

しかし今回僕のからだに起きた出来事もそうだけど

出来事は「深層」とか「高所」で起きるのではない。

事件は深層や高所では起きない。

表面で、皮膚の上で、起きる。

深層や高所で生起することは表面で起きることに

くらべたらせいぜい「効果」にすぎない。

・・・・・

自分なりに概念化してみた。

1.死を思うこと。

2.死ぬことを練習すること。

3.死を生きること。

これらの位相構造は触れ合うことはあるが

互いに別モノと考える。

1.について

藤原新也の『メメント・モリ』を例に。

「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」で有名な

写真集である。衝撃的といえなくもない。

「死を思う」ことはできる。

が、駒ヶ根美術館に常設の生写真を見たときに

既視感のせいか「死を思う」まで至らなかった。

メメント・モリとはせいぜいその程度ではないのか?

擦過する。が傷は受けない。

2.について

今回の検査は「死ぬことを練習すること」だった。

今振り返ってもその思いは変わらない。

がんを疑われて造影CT、生検、骨シンチと受診する患者様は

この位相構造のどこかにいるだろう。

3.について

がんと確定し余命を告知された場合、

戦闘で致命傷を受肉した場合、

彼は「死を生きる」ことになるだろう。

・・・・・

これらの概念をドゥルーズのなかにたずねる。

『意味の論理学』を読む。命題的になってくるなあ。

僕の表面で起きた出来事を

ドゥルーズの『意味の論理学』第21セリーの

「出来事」に照らしてみる。

ジョー・ブスケが引用される緊迫のセリーだ。

ちょっと横道にそれるが、

小学生のころ映画『ビルマの竪琴』をみて

怯えた記憶がある。

なぜだったのか?

「運命」を引き受ける水島上等兵に

子供ながらも酷薄・恐怖を感じたのだろうか。

一方で同時に青年は過酷な「運命」をあこがれる。

開高健の『輝ける闇』には、弾丸が飛び交うなか

普通に飯を食うベトナム兵士のシーンがある。

振り向いたらいつのまにか倒れていた・・・と。

「運命」に対してかくも静かな死をもって処することに

一種の憧憬をもつ。

これを要するに、現実存在はパラドキシカルそのものだ、

ということ。

到来する「運命」に理想的な自己同定化を企てること、

そのことが倒錯なのだ。

常に分岐して留まらないのがパラドックスというものだから、

出来事はいくつもの位相構造を携えてラッシュする。

そう考えていいのではないか。

そこで改めて問う。

第21セリーでブスケを引き合いに出すドゥルーズに

僕らはどこまで倣うことができるだろうか?

第21セリーに自分はどう反照しているだろうか?

「すなわち、われわれに到来することに値する者になること、

したがって、到来することを意志し到来することから

出来事を解き放つこと、自己自身の出来事の息子になること」

諸氏や如何?

(読み返すといつのまにか、出来事=運命になってますなあ・・)

PSAマーカー

|

骨シンチの結果が出てから1週間がたった。

問題の「腸骨の硬化像」は

骨シンチを読影した医師の見立てでは

前立腺がんを疑うような所見はなかった。

医療センター泌尿器科で継続して

PSAを監視することになった。

セルニルトンは服用を続ける。

さて、

PSAマーカーでいう4.0というのはカットオフの数値で

それ以下でも前立腺がんはあるのだそうだ。

僕はPSAマーカーはずっと以前(10年くらい前)から

出ていた。

「異常なし」は浮遊するシニフィアンだ。

が、当時は何も指示しなかった。

「異常なし」というけども4.0を超過した途端に

前立腺がんを疑われるのである。

くどいようだけど 0-4.0 はカットオフなのだ。

GOTやGPTなどにいう上限・下限ではない。

今回自分の過去のデータをチェックしてみて

2006年にはすでに3.6まで上昇していたことがわかった。

定年退職して3日後、突如排尿時の激痛があって

泌尿器科にかけこんだ。PSAはやらなかったが

その時点でも今の値(5.3台)が出た可能性はある。

今にして

「異常なし」が指し示すシニフィエを「オーケー」

と取り違えていたことに気付く、という次第だ。

泣き笑い、だね。

化学物質過敏症

|

化学物質過敏症なんて病名はあるのだろうか?

昨日は、香水から逃げ回る天神行きだった。

まず津古のホームで。

次いでスタバでは男。

決まりは帰りの電車で。

鼻から喉の粘膜、舌が痛くなる。

この辛さは他人には理解しにくいようだ。

・・・・・

いいこともあった。

1.シアトルズベストと対面するスターバックス、ここで

シアトルズの無線につながりますな。

2.県立美術館での高校生の写真展。

一階フロアでは大人の写真グループもやっていたが、

比較にならないくらい高校生がいい。

(実はこれはしごくアタリマエの現象なんですよ)

高校生は、祭りとか花とか、滝やら美幌やら・・そんなもんは

撮らない。花鳥風月はジジババのコースと言わんばかり。

身の回りの「なんでもないもの」を切り取る。

それが彼らの記憶であり、記念なのだ。

僕が高校生に似てるのか、彼らが僕に似てるのか

それは知らんが僕は「高校生レベル」なのだ。(笑)

いえいえ僕の誇りみたいなもんですよ、それは。うん。大仰?

みてごらんなさい。これが記録・記憶・記念っていうもんです。

「私とは私の記憶にすぎない」といったのは

ジョン・バースは『酔いどれ草の仲買人』の

桂冠詩人、バーリンゲーム。

↓この身体感覚にもしも何も感じなかったら、

あなた、シャシン見る目がない。いやホント。

↑最後の4枚は特にいいねえ。

クレオパトラの夢

|

(医師)「こんな天気の日は来なくていいんですよ。」

(僕)「裏をかいて、来ました。」

・・・・・

「骨シンチ」は来週早々に実施予定。

大雪で、医療センターはがら空きだった。

いつもの90分待ちが今日はすぐさま診察室へ。

(質問)造影剤の後遺症:9日経過後でも発疹、アリやナシや?

(対応)放射線科?に問い合わせ。

ないことはない、という回答。

それはそうだろう。

「差異」というものがあるはずだから。

・・・・・

TBSラジオのお知らせタイムに

あのバド・パウエルの「クレオパトラの夢」が流れる。

なつかしくなって何年ぶりかにCD聴いてみたもんだ。

単身赴任時代、留守電案内のBGMに使っていた。

20年も昔のことになる。暗黒時代だ。(笑)

そのBud の「クレオパトラの夢」を

mp3 に吸い出して置いときますんで、どぞ。4分24秒。

アイオーン

|

小泉義之はどこかで、今という時間(アイオーン)について

宇宙での星の衝突を例に記述していた。

おなじことを上野修は「ドゥルーズ/ガタリの現在」中の論考で

紀元前44年にローマでカエサルが暗殺されたという歴史上の

出来事を例にアイオーンを記述している。


僕も耳裏のイボを切除した出来事(!)をもちだしてアイオーンに

ついて考えてみたい。

12月初旬の検査(主治医による通常の腹部CTと超音波診断)

によって前立腺と膵臓を疑われた。

(前立腺腫瘍マーカー5.3)

中旬に医療センターでの精密検査を告げられ、

肝臓内科と泌尿器科の予約日が決まった。

その足で僕は皮膚科をたずねた。

スターキーの耳掛型の補聴器がイボのために収まりが悪い。

いっそイボを切除すればと思ったのだ。

そして実行した。

さて僕のイボ切除という出来事は誰にいつ起きたのか?

これが問いだ。

誰に?当事者は僕だ。医師が大失敗でもしない限り

医師にとっては出来事ではあるまい。

ではいつ起きたのか?

「膵臓もあきらかに肥大しています。普通ではない。」

と言われた時から僕のイボ切除は内在していた、といえる。

動揺して家にまっすぐ帰ってもちょっとアニージーかな、

そうだ、イボでも切って痛い目にあおうそれで気を紛らそう・・


イメージしてみてください。

「膵臓」を指摘されたその時、男の過去に伸びる出来事と

未来に伸びる出来事が生成され、なってゆく、というイメージを。

未来に伸びるどこかでイボ切りが「なった」。

同じように過去に伸びる線も変化した。

ベクトルとは違うだろうがそんな感じの線が変わった。

それらを高みから全体的に見通すことはできない。

アイオーンにはそのつど身を委ねるしかない。


時系列上の時を進めて「腸骨の硬化像」を考えてみる。

主治医は僕にはそれを告げていなかった。

12月末の医療センター泌尿器科で初めて知った。

この出来事も新たなアイオーン上で生起した。

そしてそこから過去へと新たな線が伸び、

未来へと新たな線が伸びる。

このとき新たなアイオーン途上の過去にはイボ切りはあるのか?

クロニクル的にはありそうな気がするがそれはたいしたことでは

ないような気もする。

過去のことはおいても未来に伸びる線が変化するのは

容易にイメージできると思う。

医師の語りの中にあるシーニュを読み取ろうともがく「患者様」は

さまざまな線を思い描く。その場では一種の「眩暈」が生じる。


保険会社の女子事務員のちょっとした疑念から犯人にさせられる

ヒッチコックの「間違えられた男」。

僕も「間違えられた男」かもしれない。

タイムマシンで過去に戻ってイボ切りを取り消し、

いったん12月末に戻る。

「腸骨の硬化像」を告げられて耳裏をそっとさわる。

そこにはイボがある。

「眩暈」といったのはそのことだ。

(やはりクロノスにイボ切りが記述されてないと困るなあ)

「バブルへgo」で2007年から1990年に

持ち込まれた週刊誌があった。

あれはタイムマシンで帰還したときにはないんだよね、

と思う「眩暈」だ。


「眩暈」に耐え、ずっとアイオーン途上に居続ける。

それは「希望」のひとつだとドゥルーズは言っているのか?


 

腸骨の硬化像

|

元日。元気のいい話からいこう。

小泉義之「ドゥルーズの哲学」(講談社新書)から

少し長いがご辛抱のほどを。

『私たちは、身体の力と精神の力について本当に何も知らない。

何も知らぬまま効能にすがる。

ところが効能は、身体の力と精神の力を当てにしている。

療法が効果を現す場合があるのは、専門家のおかげでもなく、

援助やケアのおかげでもなく、何よりも身体の力と精神力の

おかげである。

そんな力の認識だけが幸福なのだ。スピノザは「エチカ」の最後で、

身体の観念である精神には何か永遠なものがあり、

それを認識することが最高の幸福であると書いた。

ドゥルーズは、何か永遠なものの認識を、

自然哲学・生命哲学と解した。

だからこうなる。

いかに鬱屈していても、

人間が鬱屈するように世界がなっているという

不思議を認識することだけが、鬱屈解消で得られるはかない快活とは

比較にならぬ幸福をもたらす。

どんな療法を受けようが、人間は苦しみ病んで死ぬ。

そんな運命の不可思議を認識することだけが、

最高の幸福をもたらす。

「こんな希望を捨てるわけにはいかない」。』


身体のことで煩わされる事態は続いている。

「PK疑い」はシロ、「前立腺癌」は灰色。(25%の癌確率)

針生検はこちらの意思でしないことにした。

新たに「腸骨の硬化像」を指摘された。

腸骨とはだいたいここら辺をいうようだ。

以下のCT画像はかかりつけの病院で撮った通常の画像。

そのうち5枚だけを flash にした。右腸骨(赤丸部分)には

影がハッキリある。↓

医療センターでの造影CTにはもっときれいに出ていた。

医師が「骨シンチ」とタイプするのがモニタ上に見えた。

「新地がシンチグラフィー撮るんですか?」

と冗談飛ばすのを抑えた。

僕の覗き見を不快に思うかも知れんから。

6日は整形→泌尿器と医療センター内を回る。

「骨シンチ」やりましょう、ということになるのか?

骨に転移している前立腺癌だったらもう癌自体が大変だろう。

何より痛みが来るだろう。

それはナイ、と思う。

・・・・・

サスペンデッドな毎日ではある。

まあ、なるようになるのだ。それが希望というもんだ。

第一このスケベな僕が「前立腺癌」だったらお笑いじゃないか。

人は欲望の強度や力能が集中するところから先立って侵食される。

そう思ってまちがいない。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち