" href="http://hisaaki.net/mt/cgi-bin/mt-search.cgi?tag=%E5%AE%B6%E6%94%BF%E5%A9%A6%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%BF&Template=feed&IncludeBlogs=2" />

Results tagged “家政婦のミタ” from 新地のドゥルーズ

家政婦のミタ

|
//////////////////////////////////////

ロレンスは、黙示録をひどく嫌っていながら、
その嫌悪感をとおして、この本に対して不可解な共感、
さらには一種の賛嘆の念まで抱いてしまう。
まさにこの本には沈殿物があり、層をなしているからだ。
ドゥルーズ『批評と臨床』第6章。

//////////////////////////////////////

妻の話だと「ミタさん」の最終回はつまんなかった、と。
それはそうだろう。
最終回視聴率は40%でこれは歴代3位とか。
あのドクターズバッグをグッズとして売り出す・・・
価格65000円なり。
何かどこかがつまらない平凡な現象だ。
朝日の記事にへえ、と思いはしたものの、
脚本は陳腐=破綻しているように僕にはみえる。
仕事のできるミタさん、家族の幼稚な振る舞いは
ステレオタイプでクリシェに過ぎる。
皮相しかみえてこないのだ。
皮相は重要ではあるがその下に層がない。
ミタさんが不気味にふるまっても、
ちっとも怖くないのはそれがクリシェに終始するからだ。
上澄みがあっても沈殿物がない。
妻の妹の気持ちに気づかない男、あるべき層=陰影がない。
つまりかのドラマには、
ロレンスの「無教養なウェールズ人の坑夫」がいない。
のっぺりとした白痴的な群像だけなのだ。
視聴率こそがテレビの価値だ。世界中そうなのだ。
資本の論理といえばそれまでだけど、なぜそんなドラマが
もてはやされるのか?衆愚とはそんなものか?

//////////////////////////////////////

テレビの内側で、しかも(人に質問する、人にしゃべって
もらう、意外な映像を見るといった)テレビの根本に
かかわる要素を変革するような番組をてがけるというのは、
とても許されることではないのです。
ドゥルーズ『記号と事件』(Ⅱ映画)

//////////////////////////////////////

photo pages

photos

地上の夜の天使たち

タグ