レンズグルメ: 2017年4月 Archives

α7sとM42改造のNIKKOR28mm F3.5。









α7RとM42改造のNIKKOR28mm F3.5。









α7s NIKKOR 28mm F3.5

|
α7sとM42改造のNIKKOR28mm F3.5。



のっけからジジの自写像ですまんこってす。リモコン。色補正なし。



M42改だから寄れます。



以前コダックのVR35抽出レンズでやったセルフを今朝半切サイズにプリント。ただしSILKYPIXのインスタントフィルムテイストを使用。最初の絵とモデルのいで立ちは似てるが別モノ。自然光。乾いたら額装します。あはは。



それにしてもいいレンズだ。

NIKKOR 28mmF3.5 M42改造

|
M42改造のNIKKOR28mm F3.5。α7R。庭。枯れたチューリップも。
創成期は最短撮影距離は60cmだったそうで、M42改造で新たな生命を獲得するレンズ。
レンズは自身のことを諸元以外は何も知らない。元NIKKOR=自然状態の潜在性が「改造」によって見出され、特異点を獲得する。(なんのこっちゃ。w)









↓ピントどこにもない。w↓



セルフポートレートをやるヒトっていますよね。おいらもそのテかな。
アンジェニューの35-140mmをNEX-7につけて、三脚使用セルフをたまたまやりまして目覚めました。寝た子が起きたわけです。w
して、チャイナ製のリモコンを買い求めて・・うんぬんかんぬん。
ロバート・メイプルソープ、ダイアン・アーバスはセルフポートレートでも知られていた。土田ヒロミには毎日の日課。一方、森村泰昌は扮装の大家。が、絵本もやってるとは知らなかった。
これはいい。なにもすることがなければ、ワークとしてセルフポートレートをする。リモコンでプチッと(petit)やる。アートでなくとも持続するとワークになる。
おお、僕も芸術の神様に拾われたい。w(拡大画像なし)



ここから先はこれまでの記事に関わりなし。
α7sとVR35抽出レンズ(M42)。開放。(拡大画像あり)





↓これは↓SILKYのトイ現像。収差がよし。



魚市場から着いたばかりのイサキ2尾とアジ5尾を買う。



昼はアジを刺身で食べる。夜は寿司にしてもらった。



いま脂がのってます。去年より少し時期がはやい、のではないか。端切れもすし飯にのせワサビと海苔で海鮮風にして食らう。アーティストではなく、餓鬼の様態でした。

インダスター 50mm

|
インダスター。沈胴式ライカLマウントだと思われる。知人製作。M42。
この個物も「作り」にしびれます。プラスティックですからね。配管用のチューブのようです。





以下作例。室内は7s、外は7Rです。









M42改造 NIKKOR50mm 1.8

|
知人製作。NIKKOR 50mm F1.8です。M42改造。外見はニコンに見えない。w
筒抜け状態のレンズから作ったものです。この意匠(衣装)には驚きますね。シリアルから調査すると1980年ころのものです。



以下、作例。しっかり写しますよ。さすがニコン。









昨日買ったばかりの文庫=村田沙耶香『殺人出産』を読んでしまう。一気呵成。
この日はイチローがシアトルで前日に続いてスタメン出場。セーフコ・フィールドを沸かせた。
特に昨日はライト(前日はレフト)で出場する。エリア51ですな。マイアミのユニフォームだが背番号は51だ。イチ・メーターで名の知れた女性もいた。どうやらシアトルでの最後となるだろう(らしい)その試合のラスト9回、先頭打者イチローは初球をライトスタンドにホームランを放つ。やはり彼はレジェンドですな。
田中のマー君も勝利投手になった日だったので、23時からの小宮山解説の「ワールドスポーツMLB」を録画しながらもついその部分だけを見てしまう。で、そのあと『殺人出産』となったわけです。ああ、前置きが長い。すいません。w



SONYのα7sとM42改造の知人製作NIKKOR28mm(推定F3.5)で記念のブツ撮り。いいレンズだなあ。
さて。蛍光灯のリングが写り込んだこの絵(拡大してみてください)がレンズ構成を想像させませんか?




(「ニコンF/ニコマート マニュアル」昭和54年より)

6群6枚、絞り羽根5枚というのはこのレンズの変わらぬ構成らしい。やはりレンズはF3.5の28mmか。

ところで数日前、定点イルミネーション撮影を一枚、すると店主がそばに立っていた。やんわりと撮影を断られる。当方はもちろん詫びました。
まあこれは仕方ない。お店に腹を立てるなんてことはしない。何度も経験してきましたからね。けれどなんとなく自分に卑屈な気分が漂いますね、こんな場面では。w
このポイントでの撮影はは終了か。残念だなあ。いい場所だから惜しい。

M42改造 NIKKOR28mm F3.5?

|
画像多し。要注意。知人に頂戴したM42改造のNIKKOR28mm。銘板はないので、F3.5かF2.8かは不明。絞り付き。



こんなに寄れる。開放撮影。
モデルは、うーむ、何と言いますか知人の自作フィルムカメラです。これについて僕は知識がありませんので詳細は語れない。35ミリ判パノラマカメラ(ライカ判3コマ分!)。レンズはsuper angulonのたぶん50mmあたり。ボディはああわかりません。次回よくみてみよう。w
軍艦部の黄色いのは丸型水準器です。撮影ポジを透かしで拝見したが、超ワイドでちょっと見たことないなあ・・

おっと今日はM42NIKKO28mmのハナシだ。





上のがM42改造28mm、下は本来のニッコール28mm2.8。
exifデータではISO,シャッタースピードが同じなのでF2.8か、と思ってみたりするのだが、レンズ玉の大きさが違う。
それと絞りブレード枚数が5枚。初期の28mm3.5に多い。5角形確認の画像。↓



現段階ではF3.5とおぼしき不詳の28mm。
M42アダプタを使用するからレンズフードが当たってもまだ先に寄れる。昆虫=栗林的世界ですな。





以下はα7sで。





①モノクロ。②イルミネーション。③型(肩)抜き的な構図。④近接撮影。⑤雲。⑥廃墟(ありのまま=むきだし)・・と、初動イマージュは脳内で生成します。ですが性向としてそれらへの嗜好=バイアスの実在が根拠となる。美へのあこがれは案外美そのものではない、というわけですね。
再現不可能な(非反省,非対称,説明できない)情動やら生成について言及すれば、これはやはりカオスです。
α7Rと知人作=M42改SUMMICRON-R 50mm(60年代)。









コイツは拡大画像を小さくしました。恥かくのもほどほどにw。斜め向きは光の関係です。

フジカ35EE

|
α7sとフジカ35EE抽出フジノン45mm1.9。2枚は、ときおり風で散る花を撮ったのだが確認できますかね。無理か。







SONY=α7sとの相性はよく、開放近くでもシャープ。とてもいいレンズです。



画像11枚。要注意。α7RとL39-M42リング。赤エルマー沈胴押し下げ。接写ができて無限も出る。
庭の花=接写。最初のはマンサクの花です。みんな日の丸構図。w













で、以下は外。









テキストはスキップしてかまいません。
美の概念は脳内のどこぞかで瞬時に発生するものなのだろう。アーティストのいう「美しい」は養老孟司によれば大脳皮質には直接関係のない恐らくは「下位レベル」のものだ、その正体はわからない、と。僕もそうだと思っている。まあねだから始末におえないわけです。
僕はスピノザの「情動」も同じものへの言及だと推測してます。それが行動の動機につながる。そして動機すなわちモチベーションは倫理と深く結びつく。そこらへん(実行に移すあたり)では大脳皮質で検討され整理されてもいるかもしれない。もちろん大脳皮質の反省的な考察もなしに街に飛び出して、「誰でもよかった」事件もある。
ハナシを戻せば、「美しい」の発生は幻想と同じです。まあ妄想と同義ですかね。w
情動的なのです。スピノザの「エチカ」はヒトの情動を考える。だからこそ「倫理」なのだ。
今日なんかの僕の行動倫理はこうです。ペンタックスベローズにつけたテッサー10.5cm/F4.5をSONYのα7sに組み、小さなバッグにぎゅう詰めにして家を出る。w









これは朝の庭。





1930年代のスーパーイコンタのレンズです。俗に「招き猫」の中でも、テッサー10.5cm_F4.5は数が少ないそうです。M42改造のこれがベローズの先端で先のピクチャをもたらすわけです。そんなことを回想すること、すなわち脳内の出来事なのでしょう。

L39-M42リング 接写

|
L39-M42リングのこと。
各種のM42-NEXヘリコイドアダプタとL39-M42リングを使って、エルマー5cmの沈胴を押し下げて使う。接写ができて無限も出る。α7R。







ヘクトール28mmでも近接・接写ならできはする。α7s。



間宮 MAMIYA KOMINAR48mm

|
α7RとMAMIYA-KOMINAR48mm/F2。ともかくシャープ。立体感もある。いいレンズです。抽出Eマウントレンズです。









さて、ラスト。桜も急速に散り始めました。これはリモコン撮影。F4で、この距離(5メータ未満かな)ともなると、さすがに一発では決まりません。α7Rのズーム機能を使ってピントが顔面にあるかを確認する必要があります。
KOMINARのチカラで雰囲気よくできあがります。モデルがなあ・・。

α7R+STOKアダプタ+キヤノンEF24-70mm2.8。









PCでの拡大画像をどうぞ。深夜のてすさび。w。
手始めはSONYのNEX-7とE1.8/35 OSS。
1.互換性リモコン使用。
2.マニュアル露出。1/100秒。F7.1。ISO6400指定。撮影はAF。(銘板にピントがきています)
3.SILKYPIX現像。PhotoshopでK化。トーンカーブおよびアンシャープマスクを使用。
4.モデル:ライカⅢfとヘクトール28mm6.3。不眠で苦しむ高齢男性。男性の中指は蛭(ヒル)みたいに長い。



ところで、ハーフカメラ、UNIVERSAL TRICOR 35mm(抽出Eマウント改)。
MF撮影するとどうしてもピントが甘くなる。撮影完了までに動きがあるからでしょう。
これも互換リモコン(2秒)使用での撮影。(ヒル状中指は隠していただいた)
SILKYPIXのハードモノクロ現像。そのまんま。



撮影者にはいいサクヒンでも、モデルさんにみせると、エーッこんなのイヤだよ、とかおっしゃる。今夜のモデルさんも嫌がった。w

赤エルマー

|
画像多し。ご注意。α7Rと赤エルマー。















フジカ35EE

|
雨のなか傘もって。α7sとフジカ35EE抽出フジノン45mm1.9。









秋月 桜

|
画像多し。注意。α7RとSUMMARIT_40mm(ライカミニルックスより抽出)
福岡県朝倉市秋月城址。















画像多し。注意。α7RとSUMMARIT_40mm(ライカミニルックスより抽出)

















ライカ ミニルックス

|
α7RとSUMMARIT_40mm(ライカミニルックスより抽出)









ライカ ミニルックス

|
α7RとSUMMARIT/40mm(ライカミニルックスより抽出)
うーむ。4月1日でもまあだこうでやんす。









H.ROUSSEL

|
α7sとH.ROUSSEL 50mm。





このアーカイブについて

このページには、2017年4月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2017年3月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち