レンズグルメ: 2016年6月 Archives

ビッグ サラリーマン拝

|
α7Rとペンタックス macro50mm2.8。開放。



ポールは74歳。元気ですねホント。
僕が高校生のころビートルズがやってきた。
友達は「ポール・マックロトニー」とおちょくっていた。
まっこと古いハナシ。トシとったよオイラも。
ビッグコミックでは、ゴルゴも読むが「サラリーマン拝」を一番に読む。w

HPのZ210 WorkstationのRAIDがいきなり、POSTで赤字のFailedに。アレイに異常が。数日ハマってヘトヘトに。

これとは別にもうひとつ重大な案件を抱えていた。あまり手の内をあかせないが、レンタルサーバー内に不明なphpが置かれた。3週間ほど前。
これ以上は話せぬが、その対応でも疲れた。うーん。
denyすると猛烈にアクセスかけてくる。
ドミニカ!?そんな小さな島から、一日数千数万という攻撃がある。プロには勝てない。
サーバー会社から注意喚起のメールがくる。
まあ、もういつだってWebやめたっていいんだぞ、って思うしかない。w

そういえば今日の朝日の一面でも、佐賀県の17歳無職少年が県関連のサーバーを自作攻撃ソフトでハッキングし、情報を抜き取ったとして逮捕の記事がでていた。
こんなのみると、もう防御の方法はないですね。

ニッコール28mmF2.8

|
α7sとニッコール NIKKOR28mmF2.8。3枚目以外は開放。











同じシーンをNIKKOR S-C Auto 50mm1.4で。開放。

α7Rとペンタックスマクロ50mm2.8。
退屈凌ぎのアソビ。開放。
下の絵はガス切れ着火ライターの下部裏側です。穴をあける。して、右のボンベから充てんする。(いずれもダイソー)
自己責任。穴はテープで塞いだがいいでしょうね。以下はF5.6。





今日こんなものを買ってみたが、なんだかよろしくない。(薄い)

ニッコール28mm2.8 非Ai

|
デジタルカメラで非Aiの70年代のNIKKORを使う・・
出来事とその効果に思いを巡らす。
すっかりハマリこんでしまっているではないか。
潜勢力はどこに潜んでるやもしれぬ。これが生きるということなのだ。うーむ。











α7Rに、ミノックスからの抽出改造レンズ=ミノター、Minox Color-Minotar 2.8/35 をつけた姿。絞り付きです。(知人製作)



これで最短撮影アソビ。開放。





うんと絞って、雨上がりの遠景。(傾いてますね。拡大画像なし)と、
下は2.5キロ先の中央部の等倍。



スコパロン35mm

|
文藝春秋7月号のさる対談の中で、石破茂(地方創生担当大臣)は
「私の地元鳥取県で年間378面円払えばできる暮らしは、杉並区では899万円もかかる」と、言っている。
家賃や物価が主な違いだがそんなにも差があるのか。
さてその対談の中で、コンビニの旨いメンチカツの話がでてくる。
どうもローソンの「ゲンコツメンチ」のような気がする。
で、ローソンに行って2個買った(2個しか残ってなかった)。1個税込み160円。300kcal。w
車のダッシュボードに置いてα7Rとskoparon スコパロン35mm3.5。開放。



注文していた山崎12年と白州12年が届く。どちらも以前の倍の価格だ。2万円。買い占めによって市場に出回らなくなった。これでもネットで最安だ。



以下も開放。





こちらは絞っている。







SILKYPIX現像。色補正なし。
こんなこたあ先にならなくちゃわからないことだけど、MLBの田中の今後が元レッドソックス松坂のイメージと重なる。
NYYは田中先発。しかしDETのヴァーランダーの力投が光った。スピンレート(日本でいう球のキレと同じかな)が2400r.p.m.とか出したりして田中とは質が違う。
(ちなみにボストンの田沢のスピンレートも高い)
α7RとNIKKOR 35mm2.8でTV画面のヴァーランダー。



イチローって文句なしにすごい。野茂や黒田の記録もリスペクタブルだがイチローは別格だ。







ヴァーランダーは昨日(6/12日本時間)イチローは今朝(6/13日本時間)。トリミングしている。補正なし。TVはHITACHIのプラズマWooo P-42。

NIKKOR 35mm2.8 非Ai

|
α7RとNIKKOR 35mm2.8。梅雨の晴れ間。開放での撮影。







2枚目はムラサキシキブの花芽。
以下はF8での定点撮影。





28mmもいいが、本来35mmレンズ向きの場所。
70年代のニコンレンズはすでに「完熟」してますね。いいレンズです。
正体不明の35mm映画用レンズについては、

ここに記述しています。

大体上の絵のように甘いピントでしたが、これにNEOKINO用に知人が作った絞り効果用のリングを挟むと、下の絵のように俄然生き生きしてくるではないか。うーむ。





リングはレンズのヘッドをこのように外します。



深夜、トイレに行ってそのあと眠れず、あれこれテーブルフォトをしていて気づいたのです。
うれしいですね。快挙ですよ。はい。

午前中さっそく外を。最後の菖蒲はα7Rですが、あとはα7sです。









さて、諸氏よ。
かくて生きることの眼目は、「夢見心地」を得ることにある。それに尽きる。
いい人生はだから「効果」なのだが、僕はそれをドゥルーズから学んだ、と思っている。

ニッコール28mm2.8

|
α7RにNIKKOR28mm2.8。
28mmで接写。作法的には普通はないのだろうが、現実に30cmまで寄れるレンズの作りが、広角接写のニーズを証明していることになる。すべてF4。色補正なし。





ペンタックスの50mmマクロをアダプタ接続でα7Rに。
1/125秒優先。F8。







NIKKOR 28mm2.8

|
6月になった。そろそろ入梅か。
今日はこれを撮るためにスーパーに出向く。α7RとNIKKOR28mm2.8。F8。店の中でもここぞと決めた場所では7Rを使う。w
SILKYPIX現像、補正なし。



ええですなあ。

以下はF4。最後はSILKYPIXのトイ効果。



このアーカイブについて

このページには、2016年6月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2016年5月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち