レンズグルメ: 2016年1月 Archives

NEX-7

|
2016/01/30。1週間ぶりの青空。
NEX-7,E1.8/35 OSS(お昼ころ)とE2.8/20(午後4時)。
あなどれないAPS-Cです。
横1200dpiの拡大画像で確認できますが
上の絵にはコブハクチョウが、下の絵にはカモメが写り込んでます。
NEX-7独特の青み。





さてその1週間前。
当地はすごい雪でした。
明け方、α7RにSTOKアダプタとEF24-70mm2.8で。



NEX-7 E35mm1.8OSS

|
NEX-7,E1.8/35 OSS。
ちかごろこんなものを読む。
現像にSILKYPIXのテイストを使う。



NEX-7 E35mm1.8OSS

|
NEX-7,E1.8/35 OSS。



E 2.8/20mm

|
α7sとAPS用20mm2.8。
Photoshopのカンバスサイズで矩形に。





コンタックスT3

|
逆光の中。α7RとコンタックスT3抽出レンズ。
中央部に大漁の幟が出ている。



等倍にするとこのように。

ヘクトール28mm

|
1年以上もヘクトールを使ってない。
7sとヘクトール28mm6.3。
SILKYPIXのモノクロ現像。





ジジェクによって、
「ボコ・ハラム、ロバート・ムガペからウラジミール・プーチンにいたるまで」と一括りにされてしまったプーチン。
プーチンその人はまた、『文藝春秋』=2016世界は大激変する、のなかで山内昌之教授からはこのようにも言われる。
PDFの下段、「先日、プーチンが・・」からの「毒殺」の箇所です。



ついでに色気のあるハナシもいたしましょう。
「COLOR-ULTRON」でのサイト内検索が多い。
ここんところ久しく使ってない。そこで今朝のフィギュア・フォト。自然光。(室内灯もない、という意味です)
α7Rと上がフォクトレンダー COLOR-ULTRON 1,8/50。
下がKODAK Anaston 51mm f/4.5。
プーチンが非凡なら、ふたつのこれらのレンズも非凡な能力を隠し持ってる個物です。



暗室の壁に広げ、α7RとコンタックスT3抽出 Sonnar35mm2.8(固定絞り)
M42ヘリコイドチューブも知人製作のもの。
ISO=6400,1/20sec.



宝島社の見開き全面広告。詳細は

宝島社のWebでみれます。

メメント・モリ=死を思え、ということだが、
くしくも同じ日のコラム「患者を生きる」。
画像は切り抜きPhotoshopPDFとなります。
PDFはプロパティで100%表示に固定しています。

コンタックスT3

|
2016年ですね。
7sとコンタックスT3抽出 Sonnar35mm2.8(固定絞り)



閑話休題。
MT4のヘッダー画像を変更。
問い合わせ用のメアドを貼り付ける。
レンズの譲渡も考慮してのこと。
スパム防止のため画像にしている。これを書き込んでいただくことになる。

さてヘッダー変更につき、MT4の備忘メモ。
①メアドフォントはCooper StdのBlackを使用。(Photoshop)
PNGファイルを作成し、
②イラレの背面へペースト。(リンクファイル)
飾りをつけて
③aiのほかにEPSファイルを作成。
④EPSを今一度Photoshopで読み込みPNGファイルを作成。
⑤/httpdocs/mt/mt-static/support/themes/hills-midnight内にheader.pngとして入れる。
4年以上も変えてなかったので、もたついた。w
これが最良の方法なのか、それは定かではない。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2015年12月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち