レンズグルメ: 2015年8月 Archives

SUNTORY SPECIAL BITTER

|


こんなビールもある。
α7Rとリンホフテヒニカ95mm3.5。

スコパロン35mm3.5

|






最初の絵はピントが甘い。7sとスコパロン35mm3.5。すべて開放値で撮影。
最後の絵には中央に蛙がいます。
使ってないCFカードを開いた。
2年ほど前にEOS5DとTAMRONの28-75mm2.8(Model A09)での実験写真があった。
以下はWindows10上のSILKYPIX(60220)で開いたスクリーンキャプチャです。
100%等倍の目の部分を手のひらツールでSILKYPIXの左下隅に寄せ、撮影の情報も出るようにしています。
拡大画像でみてください。
撮影日時は2013年11月15日の3時36分37秒05なんですね。
そんな時間に遊んでる男もオトコだが、SILKYPIXの情報もやり過ぎじゃないかなあ。w



ストロボをバウンスで使ったのだと思う。
情況的にはよく写って当たり前ですけど。w

かのキヤノンの24-70mm2.8は20万円はする一方で、タムロンのこのレンズは今では3万円を切っている。
このタムロンはツボに入ると高価なキヤノン以上に「写す」。
これは両方を使っている者の経験上の実感です。
スコパロン(SKOPARON 1:3,5/35)+α7s。
ジャスコに行ってこれ一枚きり。w
SONY_IDC現像。



それはそうと、この記事をつくるために Microsoft Edgeで右クリック→ソースの表示と進んだらブラウザが固まった。閉じることもできない。
仕方がないからEdgeをタスクマネージャで強制終了させた。なんじゃこりゃ。

スコパロン 35mm3.5

|
スコパロン(SKOPARON 1:3,5/35)+α7sで博多に出る。
室内の絵は絞り開放。
いいレンズだなあ。
SONY_IDC現像。



Photoshopで自動カラー補正を施すと、



寒色になる。こっちがいいと思うときもある。



スコパロン(SKOPARON 1:3,5/35)をα7sに。
最初の2枚は開放。
とても写りがいいレンズです。
IDC現像。





で、次のは絞っています。絞り値不明。
(いずれも拡大画像あり)

リンホフ 95mm3.5

|


暗室の窓からα7R+リンホフテヒニカ95mm3.5で。
夕日をたっぷり浴びて300メートル先のマンションもくっきりと現れる。
SILKYPIXのノーマル現像。
7Rの色はくすんでいるが、色補正はしていません。そのままの絵。(拡大画像あり)
普通に絞っています。
マンションの屋上のアンテナ、中央のオレンジ色の倉庫シャッターの100パーセント画像は以下のようになる。





たいしたもんです。
こんなに写っていいものか、と思ってしまいます。w

このキットで全身ポートレートをとってみたいもんです。

α7s+STOK+EF24-70mm2.8

|


EOS5Dとα7sの解像度はほぼ同じサイズ。
今朝α7sにSTOK+EF24-70mm2.8で気になる「背景」を撮影。
今度はちゃんとISO100で。F値は前回と同じ4.5。
さて、どうなんだろう。



ついでに掃き溜めのような庭の片隅。F6.3。

5D 24-70mm2.8

|


古ーいカメラEOS5Dに、24-70mm2.8。
オートフォーカス。
まちがってISO1600で撮影してしまう。
Photosop現像。
F4だけど、背景はこんなにザワザワするんだねえ。うーむ。

荒井良二じゃあにい

|


福岡天神の三菱地所アルティアムで開催中の「荒井良二じゃあにい」展に行く。
これは「イムズ」1階から天井を見上げた絵。
左がエレベーター。右がエスカレーター。
α7sとE2.8/20mm。トリミングなし。
電飾シャシンを偏愛するので、こんなシーンはたまらない。

H.ROUSSEL 50mm3.5

|


H.ROUSSEL で検索するとレンズの情報があります。
今日は7sとこれを持ち出しました。









Carl Zeiss planar 1:3,5 f=35mm

|






ここからは開放での撮影。







Carl Zeiss Planar 1:3.5 f=35mm。
開放からシャープです。

planar 35mm f3.5

|






Carl Zeiss Planar 1:3.5 f=35mm。
α7s/LINHOF-TECHINIKAR 95mmで撮影
(拡大画像あり)

K20DとTAMRON17-50mm2.8 IF

|


まだまだやれる伊達公子、という感じだ。
50mm側。最短距離。F6.3。ISO2000。
久しぶり使うが、重いおもい。w

Kodak ektar 35mm f3.3で撮る

|


吉田カバンのタグ(持ち込み)にピントを置いてる。F8でもずれると甘くなる。
(すべてα7s。拡大画像あり)



中央の灯りがともっていないランプに焦点。



SILKYPIXのモノクロ2現像。

このアーカイブについて

このページには、2015年8月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2015年7月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち