レンズグルメ: 2014年3月 Archives

フジカ35EE フジノン45mm

|



 (α7R/FUJINON 1:1.9 f=4.5cm)

 うむ。これだからフジカ35EEのフジノン(FUJINON 1:1.9 f=4.5cm)はヤメラレナイのだ。最短撮影距離でもいいし、中景でもいい。両方とも絞りは開き気味。眼薬は最短撮影距離=モニタで撮る。桜はピントはどこだかわからない。夕方6時半なので開放近くで写す。雰囲気はある。光源も僕の好み。α7との相性はいい。遊びブツ撮りは、中央部の解像度が抜群なのでこれに限ると思わせるくらい。下が目薬の100%。


 (α7R/E 2.8 20mm/SILKYPIX)

 そろそろこんな特集はやめようよ、という記事を読んだことがある。週刊朝日だけではなくサンデー毎日もやっている。いや、オヤジ週刊誌(現代とかポスト)でも規模は小さいがやっている。この恒例イベントがなくなることはない、と僕は思っている。なぜか? 理由は単純。需要があるからです。需要もないのに大々的なキャンペーンを打つはずがないでしょう。買って読んでる「読者」が大勢いるのです。こんな文化はわがニッポンだけじゃないでしょうか? アジアの他の国にも似たような現象があるのかなあ?

フジカ35EE フジノン45mm

|

(α7R/FUJINON 1:1.9 f=4.5cm改)

 サクラサク。開放撮影。

EF 24-70mm フジカ35EE

|

(EOS5DMk2/EF 24-70mm 2.8)

 EF 24-70mm 1:2.8 L Ⅱ USM はあまり使わない。が、たまに首実検する。よく写ることを実感する。よくいう「解像度」はけっこう複雑な概念だ。フィルム時代とデジタルの今時では意味も違うだろう。単純に比較はできない。フィルム時代の、フジカ35EEのフジノン40mm の解像度が秀逸であることは知られているが、これとキヤノンを比較すれば、うーむ、キャノンがいいのかもしれない。(発色とかは別として)。上の絵はα7R/フジノン45mmでの撮影時に合わせて、画角45mm相当、f4で撮っている。

フジカ35EE フジノン45mm

|

(α7R/FUJINON 1:1.9 f=4.5cm改)

 「アサヒカメラ」のモノクロ部門は、大半がデジカメ撮影=インクジェット出力となっている。文化が変わったのだ。

フジカ35EE フジノン45mm

|

(α7R/FUJINON 1:1.9 f=4.5cm改)

 f4くらいに絞る。中央部のシャープさは痺れる。

Sonnar 85mm f2

|



(α7R/Carl Zeiss Sonnar 1:2 f=85mm)

 開放で撮影。中央花芯部、花弁部の100パーセント拡大画像は下のサムネールをクリックしてみてください。






(α7R/COLOR ULTRON 1,8/50改)

 上は芽が出始めた山椒。食材です。下は去年植えたマンサクに咲いた花。




(α7R/Color-Minotar 1:2.8改)

 最短撮影距離が5,60センチになるがミノックス35のレンズで撮るとこんなふうになる。


(α7R/リコーGR28mm改)

 で、これはGR1sから取り出した28mmだ。すべて知人加工の個物。当地の方言でいえば、これらのレンズを「取っ換え引っ換え」α7Rに取り付けて愉しむ。少しキッチュなレンズで、チマチマとしたブツを撮る。これが今様の「アート」なのだ。(笑)

Carl Zeiss Planar 1,8/50

|


 作例は α7R/Carl Zeiss Planar 1,8/50 です。知人借り受けのブツ。これはフォクトレンダーの COLOR-ULTRON 1,8/50 と同胞です。開放で撮影。モデルはさきごろ発売された桑田佳祐の「ひとり紅白歌合戦」。
 フィルムの全盛時代は、50mmクラスのレンズ開放F値は普通に1.4だった。1.2とか0.9とかいえば高価で手がでない。でも当時は少しでも明るいレンズが有利だった。60年代、僕の最初の標準レンズはキヤノンFD50mmF1.4。それがデジタルのきょうびは、1.8で十分だ。35mmF3.5でもいい。28mmF6.3でもいいのである。隔世の感がする。

リコーGR1 28mm

|

(α7R/GR28mm改/SILKYPIX,PhotoshopCS5)

 リコーGR1に付いていたレンズをSONYのEマウントに改造したもの。カラー撮影では周辺が紫に。モノクロにすればこのとおり。カラクリ写真の部類だがこんなのが好きだ。中央部だけが鏡。上部と両端はリアル。所詮これは遊戯です。たまたまこの場に巡り合ったという以外何の「特権性」もない。

 SILKYPIXのハードモノクロームを使うと、

フジカ35EE フジノン45mm

|


 作例はフジカ35EEについてるFUJINON4.5cm(改造)をα7Rに取り付けて撮影。ISO100。開放(1.9)である。開放でも中央部はF=5.6と同等の鮮鋭さ。ボケはごらんのようにお世辞にもなだらかとはいえない。むしろよくない。けれど中央部のシャープさでお釣りがくる。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2014年2月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち