レンズグルメ: 2013年3月 Archives

NEX-7 PLフィルタ

|

 NEX-7でのメモ写真用途にE16mm F2.8 を調達した。フィルタ径は49mm。この49mmのフィルタがウチにはかなりあるのだ。モノクロ用のW4,C4,FL-W,SOFT-CROSS,VARI-CROSSなんてのもある。当然Yフィルタやプロテクタ、PLのたぐいもある。こんにちPhotoshopやSILKYPIXのさまざまな「効果」が、現実のフィルタ駆逐した。それでもレンズ保護のためのプロテクタや、NDやPLなどは使われている・・と思われる。遊びこころでPLをつけてファインダで確かめながら撮ってみる。なんだかなつかしい。

(NEX-7/E16mm F2.8 SEL16F28/Photoshop CS)

(NEX-7/E16mm F2.8 SEL16F28/Photoshop CS)

 天気はすこぶるよい。が、PM2.5は今日も街を蔽っている。気持ちだけスタバに避難。WiMAXの電波強度は緑と黄をいったりきたり。PCでは下り2.7Mbpsとでた。スマホ(Pー01D)ではもう少しいい。どちらも操作は快適にできる。

 僕はスタバでは必ずといっていいくらいニコラス・ウィルトンの絵をスナップする。新生銀行の店頭でもそうする。(もっとも九州では天神だけですが) でまあ、今日スタバに入ったのはですね、昨日入荷したばかりのE16mm F2.8を使いたかったからです。こちらの拡大画像は1920*1024です。縦横比を16:9にしてますので。Photoshop CSでWeb用保存(80%品質)。一切の効果ナシです。

 このブログ表象はスタバなうでやってます。MobileCubeでのWiMAX実力を試したかったのです。ま、市中ではストレスなくできます。ただし2年縛りのあいだに情勢が変われば使いものにならない、ってことがないとは言えません。「様態」はもろもろの「線」から成っていますので。 

 ところでこんにちまでボクは「スタバ」を結構使っていました。理由があります。1.ボクが嫌煙家であること。2.Wi-Fi(at_STARBUCKS_Wi2)が使えること。3.当初は少しのラグジュアリ感があったこと、うんぬん。けれど別の「線」が出てきたのです。

 では、検証。1.嫌煙は絶対ですが、スタバ内での「化粧」のにおいに苦しむことが多くなった。そのテの人が増えてきたのだ。2.MobileCube=GMO加入で、STARBUCKS_Wi2が不要になった。3.コーヒーの品質とコストパフォーマンスの問題。「アメリカーノ」はコーヒーのかおりがしない。お湯にワンプッシュのエスプレッソ(ショート)が320円。高め。ラグジュアリ感はかなり低下してきた。こないだ夜遅く行ったときのことだが、4人連れが一人だけ注文してワイワイやってる! まるでマックじゃないか! スタバがひとびとに「訴求」できた時期はあった、と思う。王様商売ができていたわけだ。けれどボクのなかでは「限界効用」がぎりぎりまで落ちてきたのだろう。嫌煙が確保されて落ち着ける雰囲気のサテンがあれば、ぼくはそこに流れていくのだろう・・。ここでも諸線がトポロジカルに交差するのです。属性と様態は変容するのです。はい。

E16mm F2.8 SEL16F28

|

 トイレンズ、と割り切ればいい。

 E16mm F2.8 SEL16F28というNEX用の広角を買った。いつもL型ライカレンズをつけていた。当然マニュアル/最短1mの世界だ。必要にかられてはじめてソニーのレンズを買う。桜が少し咲いてます。わかるかなあ。(拡大画像アリ)

(NEX-7/E16mm F2.8 SEL16F28/Photoshop CS)

 16:9で使ってみる。24cmまで寄れる。これくらいウツルと「トイ」というのは不見識ですね。それどころか監禁施設では真価を発揮しそうです。「ネット難民」やら「シャシン難民(ブンカ難民)」は避けたかったので、安堵。MobileCube/WiMAXとE16mm F2.8は「特需」ですな。うむ。

 ついでに近接。今年の桜。咲き始め。(拡大画像アリ)

(NEX-7/E16mm F2.8 SEL16F28/Photoshop CS)

このアーカイブについて

このページには、2013年3月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2013年1月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち