レンズグルメ: 2012年6月 Archives

NEX-7 動画

|
NEX-7/アンジェニュー 35-140mm TYPE LA2の
動画です。わずか15秒です。
ピントは漁船のランプシェードです。
35mm側/F8で距離は3メートルくらいですかね。



NEX-7 35mmシネ・レンズ

|
35ミリ映画用のアンジェニュー、
アンジェニュー(Angenieux )35-140mm TYPE LA2を
NEX-7で使うこと。
そのことで少し説明をいたします。
まず以下の画像をごらんください。



映画用の2コマが、35ミリ判フィルム写真の1コマ、
ということが分かると思います。
コマの向きやサイズの関係は図のようになってるのです。
いわゆるライカ判(35ミリ判)の写真は、
映りの実面部分は36mm×24mmです。
(「35ミリ判」の《35》はフィルム自体の幅のことです)
映画は24mm×16mmになります。(向きは逆)
つまり昔のハーフサイズなのです。
ハーフサイズこそがシネマの標準なのです。

もうお気づきでしょうが、
シネマ24mm×16mmはAPS-Cのサイズとほぼ一致します。
次の図(Wikiからの借り物を修正)を見てください。


NEX-7は23.6mm×15.7mmです。
TYPE LA2は35ミリシネ用レンズで、
そのシネ・レンズはハーフサイズ向きだから
NEX-7ではピタリとくるのです。
逆にフルサイズではケラレが生じます。

さて。
アンジェニュー(Angenieux )35-140mm TYPE LA2は
アリ(Arri)マウントなのですが、
僕の個体は、M42に改造されています。
情報が極めて少ないレンズです。収集中です。
1960年代、フランス映画全盛期のものだと
想像はしますが・・。
eBayでM42-NEXのアダプターを購入。
$9.99 USD。¥815 JPYです。
AIR MAILで2週間ほどして着きました。
(それで815円ですから安い)
もくろみは、35ミリ映画用の
アンジェニュー(Angenieux )35-140mm TYPE LA2を
APSサイズであるNEX-7に取り付けること。

映画は35ミリフィルムを縦送りに作られてますよね。
いわゆるライカ判はフィルムを横に使っています。
TYPE LA2の映画用レンズをAPSサイズで使えば
映画用カメラで撮ったような動画ができるはず、と
考えますよね。
フルサイズよりAPSにこそマッチするレンズなのだ。
これまでEOSMK2で周辺が暗くなる動画を撮ってましたが、
(それを愉しんでいたのではあります)
NEXではフツーに「シネマ」が撮れる、
と計算していたのです。
結果は、まさにその通りでした。
NEX-7に取り付けた状態です。(拡大画像あり)



さっそくピント合わせの練習。
映画用レンズは扱いが面倒で、
ズームとピントに手が4本必要です。(笑)
75mmあたりF5.6。1.5-5mくらいの範囲です。
予想通り、シネマ風の動画が取れます。
TVの音が入ってますね。(笑)



アダプターは、FOTGA M42-NEX というもの。
香港からの航空便。運賃5ドル。
するとこの本体は約5ドル。400円。
Rayqual(東京:宮本製作所)では本体15000円です。
この差は、たとえモノの程度が違うと説明されても
ちょっとねえ。日本が負けるわけだ。
RayqualはEOS用をLRとM42を使っている。
M42用はカシメが強すぎる。
いい、という評判だけをアテにはできない。

アナイス・ニン

|
キキやココ・シャネルとならび、
「25人の恋人たち」(1985年10月 「ユリイカ」)には
アナイス・ニンも登場する。書いたのは秋山さと子だ。
そのアナイス・ニン特集『水声通信』no.31の
ヘンリー・ミラーとの往復書簡を読んで
よほど購おうかと思った。
ここに水声社の目次画像があります。


先の秋山さと子の内容も興味深いが、
『水声通信』no.31のふたりのやりとりにそそられた。
表紙もいいしね。(検索すれば出ます)

さて。
この日はⅢfにトライXをつめて、
ヘクトール28mm/Hektor 2,8cm 1:6,3を取り付けた。



(NEX-7/アンジェニューAngenieux 28mm)

ヘクトール28mmもバルナックに付ければ安心して(!)
使える。(M5に付けると距離の刻みが実際と合わない)
室内でもF6.3で1/15秒で撮る。

表紙、っていえば、ジュンク堂でNEX-7を使って
遊びました。



一番下、諏訪敦の『どうせなにもみえない』のモデル。
これは松井冬子そのひとじゃないかな?
中身はみてないけど・・。
結局この日は「現代思想」6月号を購って帰る。
特集「尊厳死は誰のものか」。

大村市 白鳥の雛

|
白鳥の雛、その三日後。
NEX-7/ヘクトール28mm/Hektor 2,8cm 1:6,3です。
ライツの1937年のレンズです。
周辺光量が落ちます。モノクロ動画。約2分。
途中からは腕を出してノーファインダで撮る。
パパはさっさと行ってしまうが、
ママは雛に合わせてゆっくりと。さすがだ。



(備忘メモ)
NEX-7はAVCHDなのでそのままTVでも見れる。
動画はAny Video ConverterでNEX-7のMTSファイルを
384x216に手動指定でFLVに切り出した。
輝度-5 コントラスト+20 彩度-100で処理している。

午後6時半です。
残った卵は孵化しないのでしょうね。



大村市 白鳥の雛

|
家の近くで、コブハクチョウの母子。
1分ちょっとのFLV。ご賞味あれ。
自身は雛をみるのは初めてです。




(備忘メモ)
EOS5DMk2/アンジェニュー/Angenieux/35-140mmTYPE LA2。
Any Video ConverterでEOSのMOVファイルを
カット編集後セグメントを作成。そのセグメントを
384*216に手動指定してFLVにエンコード。
この方法がもっとも簡単か。

ちなみにこの雛のパパです。
うしろにまだ卵があるのがわかります?



国体道路。天神南からキャナルあたりまで。
この路線はあまり使わないのだが。
途中、春吉橋で「ウコンの力」を入れようとパン。(笑)
だがうまく入ってない。
NEX-7/ヘクトール 28mm/ Hektor 2,8cm 1:6,3です。
コントラストを少し。



博多阪急の鼎泰豐も1時半を過ぎると空いていた。
デザートに「仙草ゼリー黒蜜きな粉」を試す。

このアーカイブについて

このページには、2012年6月以降に書かれたブログ記事のうちレンズグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはレンズグルメ: 2012年5月です。

次のアーカイブはレンズグルメ: 2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち