ドゥルーズ: 2016年6月 Archives

非対称性の美 

|
「対称性には内在的に壊れる性質があって、現実世界は対称性が破れたところで実現している。つまり単純な美ではなくて、対称性が破れるということが現実世界を豊かで多様なものにする。」
(「現代思想」6月号=佐藤勝彦)

ヒッグス粒子の関連での発言。
単純に逐語的読解でも、文学的修辞あるいは哲学の概念として受容できます。
物理学に知識がなくともぐっときます。

かの天才アラーキーには「ベランダ定点」、「雲」、それに「朽ちた花」などのシリーズがある。
フツーではシャシンにならないものを撮る。そこに非対称性、非人称性の美がわきたつ。
僕も実につまらないものを撮ったりする。内在的に壊れる美が「ざわざわ」と、たとえば収差への愛着となって発現する。意味のないものの寄せ集め、その平均が日常なんだと考える。
さて。僕のよくやる以下のような広角開放F値=近接撮影は「快感」であるのは疑いないが、それが「美」ではあるかどうかはわからない。w











すべてα7RとNIKKOR 35mm2.8、開放。SILKYPIX現像。補正なし。

NIKKOR-S・C Auto 50mm1.4

|
α7RとNIKKOR-S.C Auto 50mm1.4。
順に、F2.0とF5.6。





これもF5.6。



で、こちらはF8。露出は雲。いずれもSILKYPIX現像だが、これはPhotoshopの自動カラー補正。



このアーカイブについて

このページには、2016年6月以降に書かれたブログ記事のうちドゥルーズカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはドゥルーズ: 2016年4月です。

次のアーカイブはドゥルーズ: 2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち