ドゥルーズ: 2012年5月 Archives

尊厳死宣言

|
夜眠れずにぼんやりしていた。
そうだこのさいあれを書いておこう。
尊厳死宣言。自己流だけど。

1.人工栄養はしない。
経鼻チューブや胃ろうなどによる延命措置は一切不要。
2.痛みをやわらげる麻薬などは最大限施す。
それが原因して中毒死してもよし。
3.宣言は家族全員の了承済みであること。
4.主治医に迷惑が及ぶといけないので、
警察・検察は嫌疑をかけたり捜査をしたりしないで
欲しい・・うんぬん、である。日付、署名、捺印。

葬式はしない。これは家族に伝えてある。
火葬場で焼いてそれでオシマイ。
私とはそもナニモノか?と、問うて、
僕はまずは「生物」(セイブツ・イキモノ)と答えたい。

ウチの飼い猫はこれといったそぶりもみせず
ある日去っていった。見事というほかはない。

生命を微分の極みまで生き続ける、という考えもある。
わかります。
小泉義之流の生命哲学を僕は尊敬しています。
だが僕はごめんこうむりたい、と思うのだ。

樫村晴香を受け入れる

|



(NEX-7 アンジェニュー28mm F3.5 TYPE R11)

花村誠一を、あるいは新宮一成を読んだりする。
なにより
樫村晴香の『ドゥルーズのどこが間違っているか?』は
定期的に読み直しをする。

ホンマなところドゥルーズは僕にとって何なのだろう?
ドゥルージアンの論考は実体的に生きうるか?
それはずっと思ってきたことだ。
自分を振り返れる年齢にきている。
振り返れば、即自的でその場その場の「自己産出」を
生きてきた、と自覚できる。
だからドゥルーズは僕の性(しょう)に合っている、
そう感じてきた。今もおおむねそうだ。

それでもこのトシになると少しずつ改まる自分を
感覚する。「改まる?」なんじゃ、それは。(笑)
ああ、なんじゃろ、それは。
暗室作業を再開する、昔のポップスを聴いて感じ入る、
村上春樹の新しいホンを買おうかと迷う・・
どうも、それらの根は同じもののように思える。
で、樫村晴香のこんなところなのだ、常に気にかかるのは。
//////////////////////////////////////////////

例えば、器官なき身体の概念も、
その構成途上での、流体的-尿道的なものといった、
固有の局相をもつ部分こそが本当は印象的で、
これは、キャロルやカフカ等々において、
常に「流動的」な、身体の「部分的-瞬間的伸縮運動」に
ついて語られる時、同時に喚起される。
そして、ベーコンの絵に端的に見られるような、
カタレプシー的ではなく、逆に分離的な身体運動、
―つまり言語-意識総体の圧力(抑圧)を背景に、
意識の完全な外部から原初的な運動が回帰-突出し、
あるいはそれが兆候として利用される、
神経症-分裂病的、あるいは倒錯的な過程ではなく、
身体制御回路それ自体の
ある種オーバーフィードバック的な事件によって、
言語回路を経ずに生ずる、
いわばローカルな身体表層の異変についてこそ、
彼の記述は光っている。
おそらく、彼自身が内在的に抱えていた
「偽装」のイマージュとは、
ニーチェのように分裂病的な、全存在-思考に起動され
主体を巻き込んでいくハードなものではなく、
言語を完全には介在せずに、身体制御上の一領域で
起動されるものだったに違いない。

//////////////////////////////////////////////
諸氏よ、どうです。彼のこの明察は!
僕はね、この部分に限らず基本的に樫村論文を受け入れる。
実は樫村晴香を「受け入れること」が
僕のなかでドゥルーズの「強度」が増すことに
はずみがかかる。奇妙なもんだ。
いや奇妙じゃない。なぜって、
樫村のこの部分はドゥルーズの魅力を
それこそ正当に語っている。
アナタにはどうです?
そうじゃありませんか?
精神医学・精神分析的なアプローチと
僕自身にも生起する「ローカルな身体表層の異変」は
僕の二股DNAの所産です。血に記されているのです。

様態の変容(変様)

|


(NEX-7 VISO ELMAR 65mm/3.5 属性:酒類)

「属性」というものがある。
人であるか植物であるか。
男であるか女であるか。
会社勤めか自営業か。
単身か同居人ありか。
アナログかデジタルか。
手動か自動か。
現代の研磨か手磨きのレンズか。
化学調味料が使われているかそうでないか。

そのような区別があり、属性が決定付けられる。
男性ならばその属性に沿ったトイレに入る。
間違えればトラブルが起きる。(僕は間違えた)
属性に応じて男のトイレに入れば、つまり
適正な「様態」であれば、
僕は女性から睨まれることはなかっただろう。

しかし様態は変容(変様)する。
触発の波を受けた属性はカガク変化する。
女性の服をまとい、化粧をする。
乳房、性器ですらもカガク変化する。
すると彼は属性「女」に成ってゆく・・

これ、なに?の経験が多いほど
たましいは豊饒に触れるだろう。
僕はそう信じている。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月以降に書かれたブログ記事のうちドゥルーズカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはドゥルーズ: 2012年4月です。

次のアーカイブはドゥルーズ: 2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち