望遠にはフードを FUJINON-EX 1:5.6 f=90mm

|
長文ご注意ください。
フジノン引き伸ばし用レンズ。FUJINON-EX 1:5.6 f=90mm。長めのフードをつけると安心。いいですよ。
まずは室内自然光。午前九時。左方からの光。いずれもα7R,F11で。



で、窓の外から海上空港を。3キロ先がピント。快晴。
下のサムネールを拡大画像でご覧になってください。
中央に機体が見えます。



中央部を等倍でみます。ボーイングの尾翼、ANAのロゴがはっきりみえる。(名古屋からの到着便のようですね)
後方の物体はモニュメントだと思う。(たぶん)
左下方の「くぼみ」。なんでしょうね?



話が後先になります。知人作のフードを転用した姿。
M42/NEX/MにNo.3を連結、その上がFUJINON-EX。茶色の筒(フード)をあてがい、左手で押さえて撮影しました。

このブログ記事について

このページは、が2016年11月26日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「H.ROUSSEL 1:6.3 F=120mmとTRICOR 35mm 憂国忌」です。

次のブログ記事は「TRICOR 35mm GOREZ FRONTAR」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち