皿倉山

|
ドゥルーズの『批評と臨床』をたずさえ
北九州は皿倉山へ。
真下には山陽新幹線のトンネルがあるらし。
今夜は黒崎が「特異点」となる。
風が猛烈に強く、
カメラもろとも吹き飛ばされそうになる。
セーターを着込み、手袋をもってしてもなお寒し。
18時前に、警備員がケーブルが終わる、と
告げにくる。
以降はだれもいない夜の山。
ニヒルな気持ち。


5616*3744のフルサイズがあります。
ほぼ中央に若戸大橋。
スペースワールドのジェットコースターも映り込んでる。
(車の軌跡から、撮影時の揺れがわかる)


デパスを忘れてホテルで眠れず、
しかたがないのでMT4ダッシュボードに向かう深夜3時。
いやはや。

File type: Canon Camera RAW v2
File size: 22,942.3KB
Creation date: 2010/10/28 18:16
Last modification: 2010/10/28 18:16
Make: Canon (http://www.canon.com)
Camera: Canon EOS 5D Mark II
Lens: Canon EF 16-35mm F2.8L II USM
Software: Firmware Version 2.0.7
Dimension: 5616 x 3744px(21 MP, 3:2)
Focal length: 35mm
Aperture: F8
Exposure time: 2"
ISO speed rating: 308/26°
Program: Manual (Manual)
Metering Mode: Spot
White Balance: Auto
Focus Mode: Off (Manual Focus)
Noise Reduction: On (Mode 4)

このブログ記事について

このページは、が2010年10月28日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iswebライト終了」です。

次のブログ記事は「G・ドゥルーズ 「批評と臨床」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち