マン・レイ展

|
先の美術館めぐりの最終日は「マン・レイ展」。
国立新美術館は初めてだった。
いやはや見事な美術館です。さてこそ黒川紀章。

さて、マン・レイ。
うむ。マン・レイが自身を写真家だと称されたくなかった、
というのがよくわかりますね。
器用で、なんでも一通りやっつけてしまうアーティスト。
どこか不遇だ。
1966年のカトリーヌ・ドヌーブ。螺旋状の耳飾り。
コンタクトプリントらしいが雰囲気がとてもいい。
それと驚いたのは彼の「記録癖」のラインね。
これはピカソ作品の記録写真。


こんなふうにインデックスカード風に整理しているのだ。



あふれんばかりのオブジェの数々・・

会場は若い女性が多く、化学物質過敏症の僕は
ここかしこに漂う香りから逃げ回るはめになった。
辛くて十分にはたのしめなかった。
カメラ女子(かめらじょし)が多くなったのか?

閑話休題。
最終日、今回のキモとなる乗り換え案内。
①上野から日比谷線で六本木→美術館
②終えた後、大江戸線の六本木から大門下車
③地上に出ると、そこは貿易センタービル隣だった。
④モノレール浜松町から羽田へ。
次回の「お上り」は、逆向きになるが
羽田からそのまま六本木=美術館に直行、
夕方、投宿先の上野へというルーチン。
一日トクした気分になれますぞ。(笑)
去年やる予定が体調不良でできなかった。

その国立新美術館で「ゴッホ 没後120年展」が始まった。
来年1月1日にはこれが九州国立博物館にやってくる。
シャガールも来るし、福岡も色めきますね。

このブログ記事について

このページは、が2010年10月 8日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浮遊するシニフィアン」です。

次のブログ記事は「稲佐山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

photo pages

photos

地上の夜の天使たち